サービス一覧

漢方で期待できること~西洋医学のデータと併せて~

image4

科学的な検証でのデータが少なく懐疑的な印象をお持ちの方もいる漢方薬ですが、漢方薬を服用することでエストラジオール・プロゲステロンの量が明らかに増え、主席卵胞のサイズ・子宮内膜の厚みが増えたという研究データが不妊症ワークブックに掲載されております。

 

 

2018年02月13日

抽出機のメリット

お客様より以下のようなお声をいただいております。

①パックじゃなかったら漢方薬を続けられなかったと思います。(20代男性)

②煎じの臭いが家族に嫌がられていましたが、パックだと臭いが出ないので、私よりも家族がよろこんでいます。(50代女性)

③漢方薬ということで煎じるのはイヤだなと思っていましたが、パックというものがあるというのでビックリしました。こんな良いものがあるなんて、本当にみんなに知って欲しいです。(30代女性)

④元々自分で煎じており、毎日の煎じが大変でした。今はパックになって非常に楽になり、煎じなくてはいけないというストレスからも解消された気がします。(40代女性)

⑤出張の多い私でも漢方薬が煎じで飲めるのでありがたいです。(30代男性)

 

毎日同じ濃度の漢方薬が服用できますので治療効果もしっかり期待できますね

2018年02月13日

漢方で期待できること~卵胞の質の向上~

<卵胞の質>
漢方薬を継続的に服用することで卵胞の質の向上が期待できます。
病院検査で大きな問題が見つからないケースですと、やはり卵胞に大きな問題を抱えている場合が多いです。補腎活血法・周期療法など漢方薬独特の方法でケアしていくことで卵胞の質が上がり自然妊娠を望むことも十分可能になってきます。

*補腎活血法:卵巣と直結する腎の力を強くし、強くした腎(卵巣機能)に血流を整えることで、しっかりと栄養分を送り、卵胞の発育を促す方法。

*周期療法:西洋医学の月経周期のメカニズムと中医学の考え方を合わせた方法です。
月経周期で変化する女性のホルモン分泌にあわせ、「月経期、卵胞期、排卵期、黄体期」と、4つの時期に分け漢方薬を飲み分けます。

 

2018年02月15日