下田康生堂の特徴

中医学と日本漢方を折衷したオリジナルメソッド

方針イメージ


中医学は、数千年という長い歴史に裏付けられた、生理学、病理学、薬学などの理論と臨床経験に基づく中国の伝統医学です。
日本漢方は、中医学がもとになり日本独自に日本人の体質・日本の風土に合わせて発展した漢方医学になります。
中医学・日本漢方それぞれ優れた点があり、当店ではお互いのメリットを活かした下田康生堂独自のやり方でお客様の状態を見極め漢方薬を選薬しております。

手間のかかる煎じ作業から解放

下田康生堂では最新の漢方抽出機を導入しており、お客様のご要望に応じて漢方薬を抽出した状態でお渡しすることが可能です。煎じた漢方薬を一回分ずつのパックにしてお渡しすることが可能ですので継続するハードルが非常に低くなっております。

中医学とは

  • 中医学と日本漢方の違い

    日本漢方は7世紀頃、中国から伝来した中国伝統医学を基に、日本で独自に発展したものを指します。一方、中国では、現代にいたるまで時代ごとに新たな理論、生薬の組み合わせが生み出されさらに進歩し、近代には医学体系として理論統一され、専門大学での教育・中医病院の設立へと発展してきました。両者の違いは日本漢方が症状と処方が一対をなす「方証相対(ほうしょうそうたい)」という考え方で行っているのに対し、中医学は総合的な理論体系に基づき症状や体質を分析し処方に至る「弁証論治(べんしょうろんち)」という考えで運用されています。このように日本と中国の伝統医学のルーツは同じですが、現在では日本独自の日本漢方と中医学に大別されています。
  • 弁証論治

    中医学では病気や局所的な症状を見るのではなく体全体から情報を集めます。集めた情報を統合、分析し診断と証(弁証)が導かれ、それにのっとり処方が決まります(論治)。この方法を弁証論治といいます。
    具体的には四診(問診・聞診・望診・切診)で得られた情報をもとに、それぞれの物差し(弁証)を使い分けながら体内の陰陽、虚実、寒熱、五臓、気血津液の状態を見て正しい対処法を導き出します。
    例えば、中医学では同じお腹の痛みでも何が原因かで対処法が異なります。ストレス、食べ過ぎ、冷えなど、原因により漢方薬や対処法も変わってきます。弁証論治では中医学のお薬選びの基礎となる「体のどこで何が起こっているか明確にする」ということをしていきます。