妊娠の仕組みと不妊症

妊娠の仕組み


1:卵子は卵胞という殻につつまれ、卵巣の中にあります。卵胞には、もととなる原始卵胞というものがあり、生まれる時にはこの原始卵胞を卵巣に約200万個蓄えていると言われています。そして、月経のはじまる思春期頃には、約170万個から180万個が自然に消滅し、 思春期・生殖年齢の頃には約20~30万個まで減少し、この中からおおよそ1か月に1回、1つの卵子が大きく成長し、卵巣の外へと飛び出します。この排卵を起こすためには、脳にある視床下部から分泌されるFSH(卵胞刺激ホルモン)、LH(黄体化ホルモン)というホルモンが必要であり、正常に分泌されることで卵胞を発育させ排卵を起こします

2:排卵され、卵巣を出た卵子は卵管采(③)にとらえられ、卵管のなかに入っていきます

3:排卵されると、子宮の入り口である子宮頚管(④)から頸管粘液が多量に分泌され、膣内をアルカリ性にし、精子が子宮に入りやすくなるようにします

4:膣内に射精された精子がこの粘液を通り抜け、卵子と巡り合うことで、受精します

5:受精後、卵は受精卵となり卵分割をしながら卵管を下り、子宮内膜にて着床し、妊娠が成立し、黄体から妊娠を維持させる黄体ホルモンが分泌されます

不妊症とは

不妊症とは、結婚した夫婦が赤ちゃんを欲しいと思い、避妊を行わず一般的な夫婦生活を行っているにもかかわらず、1年以上赤ちゃんを授かる事ができない状態、とされています。

一般に結婚を考える年齢で、避妊せず、通常の夫婦生活を送っていれば、だいたい結婚して半年で7割、1年で9割、2年で10割が妊娠するといわれていますが、今や6組に一組のカップルが不妊症で悩んでいると言われております

不妊症の原因

1.排卵障害

排卵障害がある方は、このホルモンバランスが崩れて排卵が起こりにくくなっている状態です。

2.卵管因子

卵子は、卵管で精子と巡り合い受精し、受精卵となります。受精卵は、卵分割しながら卵管を通過し子宮へと進み着床しますが、クラミジア感染症や子宮内膜症などで卵管が癒着、狭窄、閉塞などを起こしている方はこの過程が障害されています。

3.頚管因子

頚管粘液がしっかりと分泌されていない場合、精子が頚管を通り抜けられないため妊娠しづらくなる場合があります。

4.子宮の形状

5.黄体機能不全(内分泌因子)

排卵後、卵巣には黄体ができ黄体ホルモンという体温の上昇・子宮内膜を厚くフカフカにするなど、妊娠初期の維持に欠かせないホルモンを分泌します。黄体ホルモン分泌がうまくいかないと受精卵が着床しなかったり、着床しても流産してしまうことがあります。

6.男性因子

① 造精機能の問題
② 精路の問題
③ 精液・精子の問題
④ 遺伝子の問題
⑤ 射精機能の問題
⑥ 性機能の問題など

7.原因不明